skip to contents.

佐瀬正

させ ただし

エレクトリックベースを12歳より弾きはじめる。
大 学卒業後渡米。1992年 NYのNew School Universityジャズ科に入学。アコースティックベースに転向する。1996年卒業。
1997年帰国し、数多くのミュージシャンとセッションまたレコーディン グを重ねる。
Duke Jordan〈Piano〉、Cedar Walton〈Piano〉国 内ツアー参加。アンドレ・プレヴァイン指揮/ピアノでのNHK交響楽団定期 公演出演。
スコット・ハミルトン〈Ts〉/ シーラジョーダン 〈Vo〉と共演。
2004年夏冬にはサリナ・ジョーンズのツアーに参加する。
島田歌穂デビュー30周年コンサートツアー溝口 肇コンサートツアー2006 【OPERA】佐久間順平、小室等、テノール歌手秋川雅史HUMBERT HUMBERT〈佐久間順平プロデュースunit〉ニ胡奏者YANGYANG/ウェイウェイ・ウー/アミン・ ウー/宇崎竜童との共演などジャズのみならず様々な音楽シーンに精力的に活動している。
1999年よりドイツ フランクフルト歌劇場管弦楽団主席コントラバス奏者である野田一郎氏に師事。PAのような拡声器のない、アコースティックな音楽環境でのベースの役 割、楽器の鳴らしを【野田メトーデ】を軸として追求している。